【腰痛、肩こり、産後骨盤矯正は西尾の整体、爽快整体院】愛知県西尾市でお客様満足度No.1の整体院です。

Q&A:育児中の腰痛と背中の痛み

こちらは身体の健康相談を頂いた方に対するQ&Aのブログです。

爽快整体院ではこれまでにも日本全国から相談をされた方に役立つ情報を提供させていただいています。

ご自分と症状が同じであったり、近い症状の場合もあるかと思います。参考になるアドバイスを心掛けていますので、ぜひ参考になさってみて試していただいて、ご自分やご家族そしてお知り合いの方々の健康維持に役立てていただけたら幸いです。

Q:私は20歳の女で主婦をしています。子育てをしていて、最近腰と背中がとても痛みを感じるようになりました。子どもが産まれて1ヶ月たった時くらいからなのですが、抱っこしていても座っていても腰や背中がズキズキと痛みます。1日中抱っこしているからかなと思い、一度旦那に頼んで休みましたがあまり良くならず困っています。子どもも抱っこをすると泣き止むので放っておく事は出来ません。ストレッチをしても改善があまり見られないので整体などに行った方がいいのでしょうか。

 
回答:愛知県西尾市で整体院を営んでおります爽快整体院院長の内田と申します。

 
Mさんの腰痛の悩みお察しいたします。

 
当院にも腰痛の改善のために施術でご来院されて、良くなっている患者様も多いですので、ご参考になればと思い投稿させていただきました。

 
*子育てをしていて、最近腰と背中がとても痛みを感じるようになりました。子どもが産まれて1ヶ月たった時くらいからなのですが、抱っこしていても座っていても腰や背中がズキズキと痛みます。

 

子育て中で繰り返しお子さんを抱っこしたり、授乳で前かがみの姿勢をされたりする時間が必然と増えますよね。

背中の筋肉や腹筋が少ない方は背中や腰に負担が蓄積されてしまいます。

また正しい姿勢も腰痛予防のために大切です。背中や腰が丸くなって座っていませんでしょうか?

 
骨盤を立てて腰椎をS字カーブにしてあげられるような座り方の習慣をつけることが良いと思います。

そして一日の疲れを翌日にリセット出来るような環境作りが大切かと思われます。

 
ここでは、セルフケアとして家で出来るケアの方法を中心にお伝えしていきますね。

 
①四つん這いになっておなかの部分が自然と下がるような姿勢を10秒保つ。
 
②四つん這いになったまま猫が背伸びをするようにお尻方向へ体をスライドさせて10秒保つ
 
③四つん這いになったまま今度は頭の方向に体をスライドさせて10秒保つ
 
①~③を3回、寝る前と朝起きた際に行ってみてください。腰がS字カーブを描きやすくなりますし、何より腰が楽になります。
 
 
・腰の横に手を当てて支えながら腰を回す運動を10回で1セット左右にゆっくり回してあげる。
 
 
・お風呂で腰を温めてあげる。

 
 
腰の痛みが引いてきたら、体幹を支える筋肉を増やしてあげることも大切です。

腹筋と背筋が鍛えられていれば体幹を支える力が高まり、腰痛になりにくくなります。また腰と股関節も柔らかければ腰痛になりにくい身体になります。
 
 

腹筋と背筋の鍛え方はアブアイソメトリックという自宅で簡単にできて、続けやすい筋トレがお勧めだと思います。
 
 
1. 四つん這いになり、両肘、両膝を床に付ける。
 
2. 両肘を床に押し付けて両膝を浮かせて姿勢を一直線に保つ。顔は正面に向ける。この状態を20~30秒間保つ。
(腹筋がプルプルしてくる実感があります)
 

 
これを1日1~2セットやっていけるようにしたら徐々に身体の軸が鍛えられて腰痛予防につながってくれることと思います。

 
セルフケアを行いながら姿勢に気を付けて、体全体を使う運動も時々なさるようにしてみてくださいね。

 
セルフケアでも改善が難しいようでしたら、お近くで信頼のできる治療院で診ていただくことも検討すると良いと思います。

 
子育てを通して親も育てられますし、大切なお子様との密に接することが出来る貴重で楽しい時間です♪

 
Mさんが腰痛を今以上にひどくさせないようにして、改善できますよう応援しています☆

 
 
 
爽快整体院 院長 内田 勇樹
住所:愛知県西尾市西幡豆町池下71番地7
TEL(0563)62-5585

コメントを残す





CAPTCHA