【腰痛、肩こり、産後骨盤矯正は西尾の整体、爽快整体院】愛知県西尾市でお客様満足度No.1の整体院です。

ふくらはぎの肉離れ後の整体を行いました☆

今日は高校のダンス部に入ってみえる生徒さんで、ふくらはぎの肉離れ後の整体を行いました。

怪我の経緯
部活を始める前に準備の柔軟体操が不足していたことと、身体の疲れもあり、慣れていないジャンプの仕方で着地した際に右ふくらはぎ(ヒラメ筋)の肉離れをしてしまった。

受傷後の対応
松葉杖をついて病院(整形外科)に行った。痛みが引くまでは3週間くらいかかった。

現在は肉離れをおこしてから2か月位たっている。

上記の後当院で施術を受けられました。
ハードな運動を行った際や身体が硬い状態で衝撃が体に加わるようなことをした際に10代の方でさえも肉離れになってしまわれることがあります。
未然に防ぐためには身体の柔軟性を出しておくこと、休息を取り前日の疲れを持ち越さないことが大切になってきます。

こちらのMさんは頑張り屋で、大好きなダンス部での練習をかかさずやってきており、3年生の今年は最後の年で、受験との両立を心がけていて睡眠も少なくなってきていたようでした。

右脚の長さが左脚と比べると1cmほど短く、右骨盤も挙がっており、腰部の硬さもありました。推拿整体と内田式の施術を組み合わせて全体のバランスと右ふくらはぎを中心に柔軟性を高めていきました。
お母さんもご一緒でしたので、肉離れは気おつけておかないと繰り返しやすいこともあるので、お家でのサポートとしては食事で筋肉のもとになるたんぱく質の摂取、たんぱく質の吸収を促すビタミンB6(レバーやバナナ)をとること。マグネシウム(海藻類)を摂ることで筋肉が弛緩するので痙攣をおこしにくくする。等予防のアドバイスをしていきました。

施術後柔軟性が高まり脚と骨盤の歪みもなくなりました。(^^♪
疲労や硬さが体にたまっていたので、肉離れのような辛い症状を繰り返さないように柔軟性を保つケアをしていくことがこれからも大切なことをアドバイスさせていただきました。
Mさんもこれからの身体のケアに対してはどのようにしていくことが大切かを学ぶ機会になり笑顔でお帰りいただけました。

9月の発表会まで部活に学業に忙しくなっていかれると思いますが、その中での肉離れ(ふくらはぎだけでなく太もものハムストリングも)を繰り返さないように柔軟性を保つケアが必要な時期です。私もしっかりサポートできるところをしますので、2人3脚で頑張っていきましょうね!

コメントを残す





CAPTCHA