辛い腰痛,姿勢,O脚の改善なら、西尾市の爽快整体院がお勧めです。

右肩の筋肉の拘縮による痛みを取る施術

今回は70代男性の患者様で、右肩三角筋の拘縮による痛みを取っていく施術を行いました。

痛みの出始めた時期は昨日の午後からで、お孫さん達と奥様とご一緒にプロ野球の応援に名古屋ドームに行かれた時の姿勢が原因だということが分かりました。

患者Sさんが通路から内側に2番目に座られ、奥様は通路際に座られていたようです。Sさんの右隣りには大柄な男性の方が座られていて、普通に座っていると肩が当たってしまうような状態で、すぼめて5時間くらい座っていたようです。お昼の12過ぎくらいに席に着き、練習時間から試合の7回まで見終わった時にどうにも肩が痛く、それまで3回ほどトイレに行ったりして身体を動かしてみたものの辛くて早めに電車に乗って帰宅されたとのことです。夜も右肩の痛みで中々寝付けなかったようで、あくる日が当院の整体の予約をされていた日であったので早速調整をしていきました。

右腕を挙げる検査では屈曲、外転共に150度くらい挙げて三角筋のあたりに痛みが出ます。触れてみると肩がぱんぱんに張っている状態でした。今までSさんは最近はほぼ1ヶ月に1回ずつ定期的に施術を受けていて、こんなに肩が硬くなっている状態は初めてのことでした。筋肉の状態から拘縮していることがすぐに考えられましたので、拇指を使ってはがす調整や按法や肩関節のすき間を広げる調整を多用して行いました。

腰や背中の疲労も溜まっていましたので調整していきました。50分後肩と身体全体の柔軟性を取り戻すことができて、「楽になって本当に良かった。家内にも先生に原因は昨日の姿勢にあったことを話します」と喜んでみえました。

今回のことで長時間身体に負担のかかる姿勢から、相当な硬さがSさんの肩に出ていました。Sさん自身では手の施しようがない痛みでも、調整後楽になり、これから予防していく大切さを理解して頂けた出来事であったと思います。良くなって本当に良かったですね(^o^)/

 

 

 

 

愛知県西尾市、蒲郡市、幸田町の整体【推拿療法】ストレス・肩こり・腰痛・首の痛み・頭痛【O脚矯正・骨盤矯正】

http://soukaiseitai.com
☎0563-62-5585
爽快整体院

コメントを残す



上の計算式の答えを入力してください




CAPTCHA