【腰痛、肩こり、産後骨盤矯正は西尾の整体、爽快整体院】愛知県西尾市でお客様満足度No.1の整体院です。

肺炎と風邪の見分け方について

今日は本当に寒い日でしたね、みなさん風邪はひいていないですか?

我が家も家族3人風邪を引かないように温かくして、十分な睡眠や栄養を摂り、手洗いやうがいにも気をつけています。

みなさんは肺炎と風邪の見分け方って知っていますか?

風邪は、くしゃみ、鼻水、のどの痛み、たんやせきなどが主な症状です。高熱になることは少なく、3~5日で軽快することが多く、症状が比較的軽いのが特徴です。

ところが肺炎の方は風邪をきっかけに、二次性細菌感染がおこり、肺炎に進行してしまうと、せきやたん、発熱がぶり返してきます。細菌などの病原体が気管、気管支を通って肺いちばん奥の肺実質に達して、そこで炎症を引き起こした状態が肺炎です。肺炎は適切な抗菌薬を投与することにより、昔に比べればよく治るようになりました。しかし広範囲に肺炎を起こしてしまうと、酸素を取り入れることが出来なくなり、呼吸不全を起こしてしまい、重症となってしまいます。高齢者の方や心臓や肺に病気を持っている人は死亡するケースもあります。高齢者の予防で重要なのは、風邪やインフルエンザにかからないようにする日常生活の注意とワクチンの接種などの予防対策です。

 

風邪の初期症状に効果をあげるツボは、風池を押すことが有効です。後頭部中心(髪の毛の生え際)から、左右の盛り上がった筋肉の上から外側親指一本分のところにあるツボです。息をはきながら5秒に1回ずつ押し10回を1セットとして、15分おきくらいに4セット位行うと良いと思います。

私自身も昔飛行機で北京空港にいく途中の飛行機の中で風邪の初期症状が出てきてしまい、くしゃみ、鼻水、熱っぽさが出ていたんですが、上記の方法を実践したところ、2時間後には症状が回復して普通に行動できるようになっていました(^o^)/

みなさんもこの寒い時期には身体の免疫力も高めて、温かくして元気よく乗り越えていきましょう☆☆☆

 

 

 

 

愛知県西尾市、蒲郡市、幸田町の整体【推拿療法】ストレス・肩こり・腰痛・首の痛み・頭痛【O脚矯正・骨盤矯正】

http://soukaiseitai.com
☎0563-62-5585
爽快整体院

コメントを残す





CAPTCHA